読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屑の赤裸々

クズが日々の想いを赤裸々に綴ります。脱クズ目指してます。日記始めました。

267日目 「台風」


週明け、また台風が来るらしい。


天気予報でも連日言われているけど、わざわざUターンして日本へ戻ってくるらしい。


何だそれ。勘弁して欲しい。


前回の日記に書いたけど、月曜の台風の時は散々な目に遭った。しかも今回は前回より勢力が強いらしい。


見える……また職場がパニックになって、イライラした上司や他部署のお偉いさんに怒鳴り散らされている自分が容易に想像できる……。


いっそのこと、良いタイミングで直撃してもらって、電車が止まれば良い。そうしたら堂々とバイトを休める。


……と普段なら思えた。しかし今回はそうはいかない。電車に止まられると困る。


台風が直撃するとされている来週の月曜・火曜は、友達とライブへ行く予定なのだ。


これは何カ月も前から楽しみにしていたライブだった。


今週はバイトで毎日新しい仕事や激務を割り振られ、何度も心が折れそうになったが「来週はライブへ行けるんだ…!」という想いを心の支えにしていた。


一年に一度の大きなライブ。本当に楽しみで、去年も沢山の力を貰った。


なのに! なんで! その日にドンピシャで台風がUターンしてくるんだ! おかしいだろ!


一年で最も楽しみな二日間が、激務によって心身を消耗するだけの二日間になるかも……という最悪の事態が日に日に現実味を増している。


勘弁してくれ。


良いから。なんか、何かの奇跡が起きて太平洋の中で消滅するなり海の上を進むなりしてくれ。上陸しないで。


本当。頼む台風。帰って来ないで。


……どうしても来るなら、中途半端なことはしないで電車はきちんと止めてな。


学生の頃は台風は歓迎するものだったけど、今は全力で追い払いたい。


奇跡的に台風が上陸しませんように。



ではまた。

263日目 「どうしようもない」


今日は台風が直撃して、バイトの仕事内容にも大きく影響が出た。


事務所の中もプチパニックになっていた。上司や先輩達はイライラしていて指示が雑だったり、そもそも指示すらしていないことを「何でやってないんだ!」と怒ったり、過剰に急かしたり……まあ、八つ当たりをされた。


特に怒りは覚えなかった。状況が状況だから、先輩達の苛立ちは理解できた。


一方で、必要以上に傷つく自分の、心の平穏を保つのには苦労した。


そもそも、今日は非常事態ということで、僕は普段とは違う仕事を指示された。更に言うと、僕以外は全員が社員さんで、バイトなのは僕だけだった。


だから周囲のペースに追いつけないのは仕方なかった。教わっていない専門用語を乱発され、それを理解できないことを怒られたが、それは事前に僕が自主的に学べることではなかった。


いや本当に、どう事前学習すれば良かったというのだろう。例えば道具の名前。僕は毎日倉庫へ通って、目に入る道具を一つ一つ指差して「あれは何という名前の道具で、どういう状況で使うんですか?」と先輩に尋ねれば良かったのか。別にやっても構わないが、それに付き合ってくれる人がいるか?


マニュアルを作って欲しい。切実に。そうしたら読み込んでくるのに。


また、別々の社員から別々の指示をされたのも、僕にはどうしようもなかった。「〇〇さんに〇〇するように言われていて」「は?いやこっちが優先!」「ねえ、さっき頼んだあれは?」なんて会話が連発していて……疲れた。


頼まれていないことを「あれはどうした?」と怒られたり、全く僕に関係のない他人の行動について「ふざけるな!」と僕が怒られたり。


とにかく何もかもが理不尽だった。たかがバイトに任せることではないだろう……というか、なぜ僕よりも経験の多い契約社員には普段通りの仕事をさせたのか? あの人「今日は暇だな〜」とか言ってウロウロしてたぞ。なぜ彼を応援に呼ばず、経験も浅く普段は別の仕事をしているアルバイトを呼ぶんだ。


ああ、こうやって文章にしてみると、きちんとした怒りが僅かにだが湧いてきた。良かった。


さっきまでは、潜在意識の中で自分を責めていたみたいだった。


理屈では「仕方ない。俺は可能な限りのことをした。残業代も出ないのに残業した。充分だろう」と分かっている。意識できる範囲ではそう言い聞かせてる。


けど、潜在意識はどうしようもない。


今、傷ついてる。自責してる。それが分かる。


明日も仕事だけど、行くのが怖い。最近は仕事内容に慣れてきて、やっと仕事へ行く億劫さが消えてきたところだったのに。


今夜は眠れるだろうか。社員さん達の顔が、声が、今は頭から離れない。


「俺は全力を尽くした。初めてのことは仕方ない。学んだことを次に活かそう」


こう言い聞かせたところで、どうしようもない。


……どうしようもないから、いっそ思い切り落ち込んでしまおう。


実はまだ帰宅できていない。台風で電車が止まっているのだ。


帰ったら、お風呂にゆっくり浸かろう。


眠る前にベッドの中で悲観的な歌を沢山聴こう……これに最近はハマってる。その日の気分に合わせた歌を眠る前に一時間聴きまくると、よく眠れる。


明日のことは明日考えよう。今日は今日のことだけ消化しよう。明日の不安までは請け負えないから放置だ。


予測したくなるけど、どうせ事前にできることなんてたかがしれてるんだ。


どうしようもない。なので、踏ん張るのは止めよう。今日は心が折れて良い。俺が許そう。正直になれ。


……あー。


しんどかった!先輩怖いよ!もうバイト行きたくねぇ!辞めたい!


あと早く家帰りたい。



ところで。


初めてタメ口で日記を書いたけど、違和感がすさまじい。だが書きやすい。


暫く続けよう。


スマホの充電が死にかけてるので今回ここら辺で。


ではまた。



260日目「タイトルと敬語」


突然ですが、これからは日記にタイトルをつけてみようかと思います。


タイトルがあると毎回内容にテーマができて書きやすい気がしたのと、あと、他の人達のブログとか見てて「タイトルつけてるのかっけえ…」と密かに思っていたのが理由です。


暫く続けてみようと思います。



そして、文章を敬語で書くのも止めようと思います。


今まで敬語で日記を書いていたのは、敬語を使えば自動的に「日記を読んでいる相手の存在」を意識することになるので、自分にしか分からないような閉じた文章を書いてしまわずに済むのでは? と考えていたからです。


しかし今はそれが逆効果になっている気がしています。


自分の苦痛を相手に訴えかけるのがメインになっていて……それはブログのタイトルである「屑の赤裸々」から外れているように感じます。


ならいっそのこと、敬語を取り払ってツイッターのような独り言の形式を利用した方が赤裸々な自分を出せるのではないか?


とか考えて、変えることにしました。


今回は冒頭を敬語で書き出してしまって、途中から急にタメ口になるのも変なので、次回から敬語を止めることにします。



と、急ですが、この二点を変えてみようかなという報告でした。


最近ブログを続ける意味を見失っていて……その理由の一つにマンネリがある気がしていたので、少し変化をつけてみます。


ブログに限らず。日常でも行動に変化をつけたいところです。何もかも停滞気味なので。


小さなことから色々と試してみようと思います。


ではまた。

クズ日記 251日目


色々とブログに書きたいことがあったはずなのですが、多過ぎて書く気力が失せました。


精神が疲弊する出来事が続いているので慎重になりたいところです。


自分のことを書こうとすると……恐らく自責が止まらなくなるか、恨み辛みが止まらなくなるので止めておきます。


ただ、今、頭の中がいっぱいいっぱいで吐き出したくはあるので、一つだけ。


先日、村の中に嫌な話が広まりました。


それは、僕と同年代の若者が亡くなったという話で、それが自殺なんじゃないかというものです。


あくまで噂です。何故なら、亡くなった理由を若者のご家族はあまり外に話したくないみたいで……それ故に自殺なのではないかと。


酷いのはここからです。


この話は、定番の「自殺するなんて馬鹿なやつだったんだな」「周りに迷惑をかけるのが分からないなんて。最低だ」「死ぬ気があれば何でもできたのに。逃げるなんて情けない」という言葉とセットで広がっていました。


僕は、変な話ですが「本当に現実で、身近な人が自殺したのにそんなことを言う人達がいるのか」と少し驚きました。


特に面識のない人ですし、本当に自殺なのかは分かりませんが……そんなことを言う人しか周りに居なかったから、この結果になったんじゃないの?と正直思いました。


ただ、こんな無責任なことを言っているのは他人ばかりで、遺族の方達の話はまだ耳に届いていません。まだショックが大きいでしょうし。それを踏まえても、周りのいいかげんな言葉を不快に感じます。


自殺と死ぬ気は違うとか、自殺まで追い込まれてる時に周りに気遣いとか何をトンチンカンなこと言ってるんだとか、色々言いたいですが、ここに書いても仕方ないですね。


それに、少し身近な自殺すぎるので、あまり多くを語るのも躊躇われます。


ただ、本当に世間は自殺者を馬鹿にしすぎていると、改めて感じました。


そして自殺まで追い込まれた上に、死後も周りからボロクソに言われるその人の命って、なんなんだよ。


……いや。


もう止めときます。僕も事情が分かりませんし。


喜んで噂してる連中と同レベルですね。


さて。


これを含めて色々とメンタルを揺さぶられる出来事が続いていて、更に暫く心身を休められるタイミングが無いときています。


危ない期間に突入しているという自覚があるので、気をつけます。


ではまた。

クズ日記 243日目



昨日、友人と話している中で将来についての話題になりました。


友人には最近新しい目標ができたそうです。


なんでも、知人に誘われて参加した講習会をキッカケに興味を持った分野があって、それに関する資格取得を目指して勉強中だそうです。


なかなかのブラック企業に勤めていて、帰宅するのは毎日深夜だと言っていたのに、どうしてそんな余力があるのか不思議でなりません。


来年には転職したいとも言っていました。


今の職場は合わないと。幹部候補と言われて上司に期待されてるけど、ずっとここで働くのかと考えたら躊躇ってしまう。


引っ越しもするそうです。もっと都内の賑やかな街に住みたいとかなんとか。ちなみに今友人が住んでいる一人暮らし先は、友人が親に黙って自分で契約したそうです。


そんな友人は「親が厳しい。逆らえない」「昔いじめられてて」「精神病だった時期があって」とよく語っていました。


多分、僕と似ているのに、この能力の差はなんなんでしょう?


友人の自由な生き方が不思議です。どうしてそんな、言い方は悪いですけど、我儘な生き方ができるのか。許されると思えるのか。


そして逆にまた、自分を不思議に思います。


どうしてこんなに他人を気にするのか。自分を責める言葉ばかり反芻するのか。家族に対してこんなに気をつかうのか。家の中でビクビクして小さくなっていなければならないのか。


理屈は分かっているのに。散々調べましたから。答えは何となく分かっているんですよ。


しかし落ち着きません。やはり毎日消耗しています。


平静を保つのに精一杯、毎日を越えるのに精一杯……なのに一体どこで努力をする余裕があるのか?


なんか行き詰まってます。そしてこれが限界のようにも思えてしまいます。


落ち込みたくはないし自責もしたくないんですが止まりませんね。


この日記も、息継ぎをする気分で書いてます。一瞬だけ楽になるんです。


また何をすれば良いか見失いつつあります。


これを一時の感傷として片付けて平気なのか。分かりません。


全てを諦めそうです。


書いてて虚しいです。意味があるのか。一時の現実逃避でしかないような。


よく分かりません。


よく分からないのに、そのまんま文章を書いてしまってすみません。読みづらいですね。


今とても自分を軽蔑しているのが分かります。そんなことをしてはダメだと、理性の上っ面で頑張って引き止めてる感じです。


アホみたいだ。


不毛なので今回はここまでで。


ではまた。

クズ日記 239日目

クズ日記

 

先日、とても驚くことがありました。

 

なんとバイト先に、引きこもりで悩んでいる同世代の女性がいることを知りました。

 

それも二人です。

 

この女性二人は、僕とは勤務時間が被らないのでお会いしたことはありませんが「最近若い学生の女の子が二人入ってきた」という話を聞いていたので、存在とお名前だけは知っていました。

 

驚きました。

 

なんでもこの二人は、引きこもりなどを支援する学校?か何かに通っていらっしゃるそうで、まだ完全には回復していないのか、仕事も苦労しながらやっていて、急に休んでしまったり途中で帰ったりしてしまうこともあるそうです。

 

……というのを、社員さんが話しているのを耳にしました。

 

正直「学校は休んでも自分に返ってくるだけだけど仕事はそうはいかないって知らないのか」「最近の若い子はやっぱり弱いねえ」という言い方で話していたので、あまり良い気はしませんでした……まあ実際その通りで、その急に欠席したツケが僕の方にまで回ってきたりしているので迷惑なのは感覚としては分かるし、社員さんの言っていることは正論なのですが、どうしても僕は二人に肩入れしてしまいます。

 

というのは置いておいて。

 

いや、本当に驚きました。

 

同じ職場に、似たような問題(ですが、恐らくこのお二人の方が困難な状況にあると思います)を抱えている人がいたなんて。

 

だからどうとか、二人にコンタクトを取りたいとかは、何もないんですけどね。

 

あと「同士がいるから頑張ろうと思えました!」みたいな気持ちも、直接お会いしていないのであまり湧いてきませんが。

 

今回、社員さんが愚痴っている場に遭遇しなければ知らない事実でした。同じ場所で働いているにも関わらずです。

 

変な感じです。

 

少し縁を感じます……何の縁か分かりませんが。

 

いつかお会いする日が来たりするのかどうか。その時は、僕は自分の内面を打ち明けたり……いや、それは基本は止めておくか。相手の事情も分からないし、上手く扱える自信がないのなら軽々しく踏み込んではダメだ。

 

ああでも、今こうやって書いていたら、少し話をしてみたい気もしてきました。

 

今までも「自分と同じような悩みを持つ人達と会ってみたい」と思う瞬間は何度かあったのですが、実行には移せませんでした。

 

「自分が受け入れられるか分からない」

「俺の悩みなんて本当は気のせい、というのが明白になってしまうんじゃないか」

「どうせ表に出てきて見知らぬ人に会える人達なんて、俺ほど悩んでいないんだ」

「本物の人達に会ってしまったら、その人達を見下す醜い自分が出てしまうのでは」

「自分が何も努力していないことが分かってしまうのでは」

「怖い。勇気がでない」

 

そういうことを考えてしまいます。二番目と三番目なんて矛盾してますが、これが正直な気持ちなんですよね。

 

僕の悩みなんて皆さんと比べたら笑われるレベルなのでは、と思いつつ、そんなこと言って結局は明るい人らの集まりなんだろ、本物の根暗の俺の苦しさなんて分からないんだよどうせ、ということも同時並行で思っています。

 

あと何より、自分の醜さが出ないかというのが本当に怖い。自分より「ダメそうな人」を見つけて見下さないか、調子に乗って説教とか持論を語りだしたりしないか、馬鹿にしてしまわないか、という不安が大きいです。

 

過去にやってしまったことがあります。本当に酷い。

 

と、まあ。

 

要約したら「知らないことをするの怖い」でしかないのですが。

 

そんなこんなで、現実で「同類」の方達とお会いしたことはありません。

 

怖いです本当に。

 

けど、もし会ったら何かの壁を打ち破ることができるのか?

 

僕に何か変化は訪れるのでしょうか?

 

最近は停滞期で、良くも悪くもバイトに慣れてきてしまったので、また焦り始めているんですよ。

 

バイト以外ろくなことができていないし。何の勉強もしていない。勉強できない理由なんてないのに。

 

ポケモンGOやってる場合じゃないですわ……とか言ってる時点で大して悩んでいないのか?

 

ああヤバい。考えすぎるな。止めろ。

 

話は少し変わりますが。

 

僕らみたいな人達の問題って、大きく二つの原因に分けられると思うんですよ。

 

一つは「入ってくる苦痛が大きすぎて容量オーバーになってる」

 

もう一つは「苦痛の出口がなくて容量オーバーになってる」

 

前者は、例えば「激しい虐めを受けて精神病に」「会社がブラック過ぎて」「親から虐待を受けて」というような、インプットに問題があるパターンで。

 

後者は「周りに愚痴を言える人がいない」「友人や恋人がいない」「家族がいない」「趣味や娯楽を持たない」という、アウトプットに問題があるパターン。

 

というようなイメージなんですけど。

 

僕は完全に後者だと思うんですよ。

 

このタイプの厄介なところは、自分も周りも「いや大した問題じゃないだろ」と判断しがちなところだと思うんですよ。

 

「塵も積もれば山となる」という言葉がありますが。

 

問題の一つ一つは塵みたいなものなんですよ。

 

だから問題の一つ一つをクローズアップして見てみると「大したことないじゃん!塵だよ塵!それくらいのこと気にしてたら生きていけないよ!」となってしまいます。

 

しかし本当に問題なのは、その塵みたいな問題が山のように積もってしまっていることで、しかもその塵の山は他人からは容易に確認できない、「元々そうだったんでしょ?(お前の元々の性格だろ?)」としか受け取れない、自分でも「あれ?最初からこうだった、かな……?」と考えがち。

 

で、放置していると、塵の山の重さに耐え切れず、ダウンしてしまう。

 

それを見た周りの人は「そんな軽いことでダメになるとか弱っ!もっと頑張れよ!」と。そして自分でもそう思ってる。悪循環。

 

……というイメージなんですが伝わりますかね。すみません抽象的な話で。

 

これを踏まえて何を言いたいかというと。

 

「あんまり問題を回避することばかりに注目するな!」

 

ということが僕には当てはまるのではないか、と。

 

その積もってる塵の山を処理する方法を見つけないと根本的な解決には至らないぞ、その塵の山を他人に説明(証明)しようとすることは思っている以上に根気がいることだぞ、と。

 

僕は苦難にばかり注目しすぎなんですよね。

 

避けようとするのも大事だけど、どうせ避けきれないんだから、それよりは自分を癒す手段を探して過去の塵もろとも大掃除した方が良くないか?と。

 

長々と書きましたが、つまりは、僕みたいなタイプは「もっと落ち着いて堂々と自分を大切にしとけ」という当たり前のことでしたね。

 

だから考え過ぎるな。目の前にない未来の苦痛に注目し過ぎるな。今あるものを吐き出せ。体力補充しとけ。楽しいことしよう。

 

だいぶ話が逸れましたが。

 

もし、自分と似たような境遇を持つ人達と直接お会いして痛みを共有することが、僕にとって「塵の山を掃除する」ことになるのなら、勇気を出してみる価値は大いにあるのか……?

 

ということを考えて、気持ちが揺れています。

 

本当に何もかも停滞しているし焦っているので。

 

友達と会うのが辛いんですよね。テレビに映る同世代を見るのも辛い。自分の年齢を再確認するのも辛い。

 

そろそろね、また一歩踏み出したいです。

 

「勇気を出して○○してきました!」

 

とか、ここに書けるように頑張ります。

 

あ、書き忘れましたが、こうやってブログを書く事は僕にとって数少ない「塵の山を掃除する」行為になってます。

 

更新頻度が落ち気味なので、ペース上げたいですね。

 

全体的に支離滅裂でしたが今回はここまでで。

 

ではまた!

クズ日記 228日目

クズ日記


この一週間は酷く疲れました。


まず一週間前。土曜日。


ここで書いていたように、地元の祭りがありました。


恐れていた通り、地元の人間と対面する瞬間があって……しかし僕は、情けないことに逃げ出してしまいました。


自室に閉じこもり、外から名前を呼ばれるのを聞こえないフリをしてしまいました。


臆病者の卑怯者です。勇気も覚悟もありませんでした。


そうやって僕は地元の人間との接触を避けましたが、家族は話してきたみたいで、家族経由で同級生達の近況を耳にしました。


大半は既に知っていた情報でしたが、一つ全く知らなかった上にショックな情報がありました。


中学時代の友人で、当時は僕以上にコミュ障だったA君が、今は医療系の六年制大学に通っているということでした。


僕は、A君は高校卒業後は進学せず工場で働いていると聞いていました……なので失礼ですが、勝手に「俺の仲間だ!」と思っていたのです。


それに中学時代は本当にA君はコミュ障で……今思えば何らかの病か障害を抱えていたように思います……かなり生きづらそうにしていました。


だから、そんな医療系の大学へ通っているなんて意外でしたし、勝手に裏切られた気分にもなりました。最低ですね僕。


これでどうやら、地元の同級生で高卒でフラフラしているのは僕だけのようで……その事実が割としんどかったです。


と、一週間前の土曜日はこんな感じ。


翌日の日曜日は選挙へ行きました。


投票するのは今回が初めてでした。親に投票先を指示されていましたが、こっそり自分の応援する人に投票しました。


投票は地元の公民館でやりました。なので、やはりここでも地元の人間と接触がありました。


まあ、軽く挨拶するだけで済みました。ただ目の前に僕がいるのに地元の人が親とその場にいない弟の話をしているのを見て、やっぱり弟の方が人気あるよな……と正直少し暗い想いになりました。


そして週明け。月曜日と火曜日。


いつものようにバイトでした。


が、最近バイト先は人間関係がギスギスしています。月曜日はパートの人同士で言い争いをしていましたし、火曜日は上司に怒鳴っている人もいました。


そうでなくても陰口の絶えない職場なのですが、この二日間は余計に働きづらかったですし、不快でした。


水曜日。


この日は、前々から友人と「都内に制服が可愛い喫茶店あるらしいから目の保養しに行こうぜ!」と約束していました。


が、行けませんでした。


僕が体調を崩してしまいました。


夜中、苦しさで目を覚ました時には、もう発熱や吐き気・腹痛・頭痛・寒気が酷かったです。


咳は無いので風邪ではななかったと思うのですが、原因はよく分かりません。


楽しみにしていた予定でしたし、前々から約束していたので、多少の体調不良なら行きたかったのですが、さすがに断念しました。友人には申し訳ないことをしました。


結局、熱がなかなか38度を下回らなくて、木曜日のバイトも休んでしまいました。欠席の電話を入れるのは初めてだったので緊張しました。


二日間悶え苦しんで、しかし金曜日には幾分かマシになったので、金曜日はバイトへ行きました。


頭痛・吐き気を堪えながら、倒れずに何とか仕事をやり遂げました。


そして今日。


昨晩ゆっくり眠ったおかげで体調は回復しました。良かったです。


しかし、疲れは溜まっているのか? 朝からずっと嫌な思考に頭が染まっています。


父の下品な言動ばかりを思い出したり、テレビに出ている芸能人の欠点ばかりを探したり、録画した番組も小説も楽しめず「くだらねえ馬鹿か」としか思えなかったり。


まるで、いつもの自分ではないみたいです。醜いです。


さすがにマズいな、と想い、気分転換にクズ日記を書き始めた……という感じです。



こう振り返ってみても、なかなかに嫌な一週間でした。


今の醜い精神状態は引きずりたくないので、今日明日は気分転換に集中しても良いのかもしれません。


あ、話逸れますけど、ポケモンGOって今日でしたっけ? 無料なんですかね?


無料だったらダウンロードして遊んでみようかなと思います。きっと良い気分転換になるはずです。


ではまた!